2010年04月20日

<自民>小池参院議員が離党…野党転落後、国会議員11人目(毎日新聞)

 自民党の小池正勝参院議員(58)=徳島選挙区=は19日、党本部で林幹雄副幹事長に会い、今夏の参院選の候補者選考への不満を理由に離党届を提出した。当面は無所属で活動し、同選挙区からの立候補を目指す。

 野党転落後、自民党に離党届を提出した国会議員は11人目。うち8人が参院議員で、参院選に向け党のイメージダウンは必至だ。

 小池氏は旧建設省出身で、徳島市長などを経て04年に初当選した。今回改選を迎えるが、党県連による候補者公募で公認を得ることができなかった。公募で選ばれた新人女性もその後、立候補を辞退。19日になって新人男性の擁立を決めるなど混乱した。同日に徳島市で記者会見した小池氏は「民主党は支持率を下げているが、自民党も上昇せず、党内は一枚岩でない。新たな道での出馬を決意した」と語った。

 野党自民党を見限る動きが絶えない状況に、参院幹部は「またかという感じ。もう驚きもしない」と自嘲(じちょう)気味に語った。【岡崎大輔、井上卓也】

【関連ニュース】
谷垣総裁:自民再生の「産みの苦しみ」 離党者問題で
自民党:郵政事業PT座長に林芳正氏 離党の園田氏の後任
自民党:藤井元運輸相が離党届提出 新党に参加
新党:議員5人確保にめど 参院の中川義雄氏が自民離党届
与謝野氏離党:谷垣氏「残念」、亀井氏「今後の行動期待」

首相はつらいよ? =山田洋次監督が激励(時事通信)
盛岡ごみ処理場、二審も談合認定=JFEに9億円超の賠償命令−仙台高裁(時事通信)
<鳩山首相>普天間、献金で不用意発言連発 後援者懇談で(毎日新聞)
<天気>オフィス街は冬景色 もう春なのに 冷え込み続く(毎日新聞)
名張毒ぶどう酒事件 農薬以外の証拠 弁護団が主張の方針(毎日新聞)
posted by ササオカ タツオ at 19:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

舛添氏、東国原氏と会談 新党構想に触れず 自民内で批判「オオカミ中年」だ(産経新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相(61)は15日午後、参院議員会館で東国原英夫宮崎県知事(52)と約40分会談し、地方分権推進に向け協力していくことで一致した。新党構想については話題に出なかったという。舛添氏は引き続き東国原氏や橋下徹大阪府知事(40)との連携を深め、存在感をアピールしていく構えだが、自民党内からは、新党結成をちらつかせる舛添氏に対する批判が一気に高まっている。

 東国原氏によると、舛添氏は夏の参院選前にまとめる政策集に東国原氏の地方分権への意見を反映させたいとの考えを示した。東国原氏は「地方税財源の確保など権限や財源の移管について政策を打ち出すなら応援する」と応じたという。

 15日朝の自民党の全議員懇談会では、舛添氏について谷垣禎一総裁に厳しい対応を求める声が相次いだ。平沢勝栄衆院議員は「総裁の『みんなでやろうぜ』は分かるが、もっと非情になってほしい」と求めた。

 懇談会終了後も議員たちの舛添氏への批判は収まらず、後藤田正純衆院議員は「党を出るなら出ればいいが、このままでは『オオカミ中年』だ」と痛烈に皮肉った。

「中川一郎以来の間柄」=新党参加で義雄氏(時事通信)
乗降中のバスに車が追突、9人軽傷…相模原(読売新聞)
超過勤務、過大報告させ手当受給…神戸の財団(読売新聞)
新党 参加者広がらず苦悩の船出 「たちあがれ日本」結成(毎日新聞)
スリ未遂、今度は文科省職員…「ほかにも」(読売新聞)
posted by ササオカ タツオ at 20:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

<子ども手当>母国に子どもがいる外国人への支給要件厳格化(毎日新聞)

 厚生労働省は、国内に住み母国に子どもがいる外国人に対する子ども手当の支給要件を厳格化する通知を各自治体に出した。面会のため年2回以上帰国していることをパスポートで確認することなどが柱。児童手当は比較的緩やかな条件下で支給されてきたが、高額の子ども手当で不正受給を防ぐことを狙った。

 児童手当は、子を養育する権限があり、生計を維持する保護者に支給。母国に子がいる外国人については、出生証明書と送金証明書があり、面会していれば支給してきた。だが面会の立証は困難で、手紙の提示だけでよかったり、証明を求めない自治体もあった。証明書の偽造も可能と指摘されており、不正受給目的の養子縁組の横行などが危惧(きぐ)されていた。

 このため厚労省は、少なくとも年2回以上の面会をパスポートで確認▽約4カ月に1回以上の送金を銀行の送金通知などで確認▽来日前の同居を居住証明書などで確認−−などを、子ども手当の支給要件と定め通知した。

 厚労省によると、母国で児童手当を受給する子どもの数は把握されていない。年度末に子ども手当の駆け込み申請があった自治体もあり、今回の通知に対し、自治体側からは「事務負担がどのくらい増えるか未知数」と懸念する声も上がっている。【野倉恵】

【関連ニュース】
自民:子ども手当「不要」 逆・事業仕分け始める
参院選:政府・民主党 マニフェスト策定へ実質議論を開始
仙谷担当相:子ども手当満額支給の前に給食費の天引き容認
子ども手当法:成立 6月から支給
国家戦略室:ヒアリング記録「一切保有せず」 子ども手当

年内引退に惜しむ声=「悲しい」「残念」−山崎さん搭乗前にシャトル地元(時事通信)
「減塩後進国」ニッポン  1日9グラムでもまだ多い(J-CASTニュース)
小沢氏「同志と連携、今後もやっていく」(産経新聞)
海外客誘致へ「嵐」起用=人気グループ、日本の顔に−観光庁(時事通信)
興南指笛♪応援に味 甲子園アルプス「画一化」の中…(産経新聞)
posted by ササオカ タツオ at 02:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。